ぐっすりの処方箋

快眠で、元気になろう。

寝る前スマホをやめると健康になった!メリット3選

こんにちは!スリープマニアの理央(Rio)です。

今日も安眠するための方法を発信していきます♪

 

皆さんは寝る前にスマホをどのくらい見ていますか?

現代社会では仕事もプライベートもスマホがなくては始まりません。

でも、そんなスマホが自分の健康を害していることもまた事実ですよね。。。

 

今日は、スマホを見る時間を1日1時間減らした際のメリットを紹介します。

実際に私が1週間実践してみて出た効果になりますのでぜひ参考にしてください!

 

検証

スマホを見る時間を1日1時間減らす。

方法

・仕事終わりのスマホタイムを1時間減らしました。

具体的にはお風呂に浸かりながらのスマホ操作、就寝まえのスマホ操作をやめてみました。

 

結果

  • 目が良くなる

スマホ操作中は同じ画面をずっと見続けるため、目のピント調節機能が落ちます。

スマホ以外の物を見ることでピント調節機能が回復し、細かい文字が読みやすくなりました。

 

  • 頭痛が軽減される

仕事後にスマホを見るのをやめてから、翌日の頭痛が軽減されました。

眼精疲労によって神経が圧迫されて起こっている頭痛の場合、とにかく目の疲労を軽減することが大事だと気づきました。

1時間程度のスマホいじりでも侮ってはいけないようです。

 

  • 歯ぎしりが緩和された

これは意外だったのですが、スマホを見るのをやめた翌朝からとても歯ぎしりが軽減されました。元々食いしばりがすごくマウスピースをしていたのですが、それでも朝起きると噛みしめすぎて顎が痛いことがありました。

寝る前スマホをやめたことで画面に集中しすぎることがなくなり、結果的にストレスが緩和されたのだと思います。

 

いかがでしたか?

スマホを見るのをやめると健康面で意外なメリットがあることが分かりました。

皆さんも今日から1週間試してみてくださいね。

 

それではまた明日!

良い夢を。。

理央(Rio四つ葉のクローバー

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー

広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。(予定)

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するため、「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。

Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくは

https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

をご確認ください。

また、『 ぐっすりの処方箋』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。(予定)

三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。

このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関して、詳しくは

www.google.com

をご確認ください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

 

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。

記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

運営者:スリープマニア理央(Rio

初出掲載:2021年9月22日

 

コラム ⭐︎枕の選び方

こんにちは!スリープマニアの理央(Rio)です。

今日も安眠するための方法を発信していきます♪

今日は枕の選び方についてご紹介します。

 

朝起きた時の肩こり、頭痛。。もしかしたら枕があっていないせいかもしれません。

 

枕の高さがあっていないと、寝返りをうまく打つことができなかったり、

血流が滞ったりして疲労が蓄積されて肩こり、頭痛を引き起こします。

枕は自分に合った高さのものを使いましょう。

 

⭐︎自分に合った枕の選び

・枕の高さを合わせよう!

まずは寝る時に、自宅のバスタオルを何枚か重ねて、どのくらいの高さであれば呼吸しやすいかを確認してみましょう。

 

起動が確保されて寝やすい高さがあるはずなので、人に横からみてもらって無理のない角度になっていないか見てもらうのも良いですね。

 

枕の高さが低かったり高かったりすると、気道が確保されないので睡眠時無呼吸症候群やいびきをかくことが多く、睡眠の質が低下します。

 

バスタオルを重ねた簡易枕で1日寝てみて、朝起きた時の疲労度を確認します。大体3日くらい調整しながら繰り返してください。

 

そして、疲労が最も取れた高さと大体同じくらいの高さの枕を購入すればOKです。

できれば中の詰めものを増減できるタイプの枕だと良いですね!

 

 

※私のおすすめ枕※

ネットで高額な枕はいくつもありますが、私は布団の西川で1万円程度の高さが調節できる枕を使っています。

ニトリなどで2〜3000円で売っているものも良いですが、私は3ヶ月程度使うとへたってきてしまうためあえて最初から中身を増やしたり減らしたりできる枕にしました。

 

大まかに3つのパーツに付属のパイプを出し入れできるので、少しへたってきても大丈夫です!西川は布団の老舗メーカーのため、品質も安全です♫

 

いかがでしたか?

 

 

それではまた明日!

良い夢を。。

理央(Rio四つ葉のクローバー

 

睡眠時間を長くする方法 −⑤眼精疲労をとる方法−

こんにちは!スリープマニアの理央(Rio)です。

今日も安眠するための方法を発信していきます♪

 

⑤眼精疲労を取る方法

深夜まで仕事をしたり、なんとなくずっと起きてしまってして目がギンギンで眠れない時、ありますよね。

そんな時は、ホットアイマスクを使用することがおすすめです。

市販のものは色々なタイプがありますが、予算が許せば香りの良い使い捨てタイプ、コスパ重視で普段使いしたい方はレンジでチンして使えるタイプのものがおすすめです。

 

じわーっと温かくなり目の疲れを癒すことができますよ。

併せてホットミルクや白湯などの温かい飲み物を就寝前に飲んでリラックスするのもおすすめです。

 

 

今日はコラムとして枕の選び方をアップしていますので、そちらもよろしければご覧ください♫

明日は睡眠の質を上げる方法について紹介します。

 

それではまた明日!

良い夢を。。

理央(Rio四つ葉のクローバー

睡眠時間を長くする方法 -環境要因③ ベッド-

こんにちは!スリープマニアの理央(Rio)です。

今日も安眠するための方法を発信していきます♪

前回から続いて、睡眠時間を長くするための環境の整え方を紹介していきます!

 

③ベッド周辺の環境を整える

 1.ものを減らす

ベッド周辺の環境を整えることで、ベッドでは”睡眠”をするところ、と脳に認識させる効果があります。

雑誌やゲームなどはベッドの近くに置かないようにしましょう。お菓子なども❌です。

 

 2.ベッドのグレードを上げる

突然ですが、皆さんは一生の内どれくらいベッドの上に居ると思いますか?

1日8時間寝る人であれば、一日の1/3をベッドの上で寝て過ごしているのです。

では、皆さんはその1/3を過ごすベッド(布団)にどのくらいのコストをかけていますか?意外と安い人も多いんじゃないでしょうか。

 

私には、寝る時にベッドを使わずに座布団を3−4枚敷いてベッドがわりにして寝ている友人がいました。

 

その友人は座布団でもどこでも寝られる!と豪語していたのですが、半年ほどその生活を続けたら、腰痛を訴えるようになっていました。(20代女性です)

 

その後友人と共にマットレスを送ったのですが、2−3日すると腰痛や体の疲れが驚くほど無くなったと喜んでいました。自分では大丈夫と思っていても、睡眠場所によって全く疲労が変わってしまうんですね。

 

ここまで極端な例でなくても、1−2万円のベッドや折り畳みベッドは寝る際に体に負担がかかります。

 

一人暮らしの場合、新生活を始める時に決めたベッドを4−5年以上使っている。。なんて場合も多いのではないでしょうか。

 

普段なんとなく目覚めが悪い方は、ベッドの質が良くなかったり、快適に使える耐用年数を過ぎてしまっているかもしれません。

 

私は悩んだ末にニトリで12−3万円ほどのn-sleepに買い替えましたが、とても快適です。

ただし、一番大事なのは値段ではなく、自分にあった安眠できるものを探すことです。なので、買い替えるのは高級家具でなくても大丈夫です。

 

硬さや高さなども好みがあると思いますので、店舗で実際に試し寝をしてみることをおすすめします。

予算別におすすめのベッドも今後紹介させて頂きますね♫

 

④寝床ではスマホを見ない

皆さんは、ベッド周りにスマホの充電コードを置いていませんか?

早く寝ようと思ってい準備万端でベッドに飛び込んで、うまく寝付けずついついスマホTwitterや漫画を読んでしまうこと、あると思います。

 

スマホから出る電気は強過ぎて目に悪いですし、SNSなどで様々な刺激に触れると脳が興奮して活性化してしまいます。

 

寝る前はスマホを触らないことが大事ですが、ついつい触ってしまってやめられない、という方は本を読むように変えたり、妄想を膨らませたりしてみましょう。

 

まずは、スマホを見る習慣をなくすことが大事です。

 

いかがでしたか?

快眠できるように、無理しない範囲で取り入れていきましょうね!

明日は⑤眼精疲労をとる方法と、枕の選び方についてご紹介します。

 

 

それではまた明日!

良い夢を。。

理央(Rio四つ葉のクローバー

 

睡眠時間を長くする方法 -環境要因① お風呂-

こんにちは!スリープマニアの理央(Rio)です。

今日も安眠するための方法を発信していきます♪

 

昨日は睡眠時間を長くする方法について、心理的なお話をさせていただきましたが、今日は環境要因について話していきたいと思います。

 

皆さんは、眠る時の環境はどうしていますか?

寝る前にお風呂、歯磨きを済ませてスマホは見ずに読書しながらゆっくり入眠。。と思いつつも何だかスマホを見てしまったりしていませんか?

 

入眠する時のコツは以下の5つです。

①お風呂/シャワーを使い分ける

②歯磨きする

③ベッドの環境を整える

④寝床ではスマホを見ない

⑤眼精疲労をとる

 

①湯船/シャワーを使い分ける

・・・湯船につかる場合は60分~90分後に入眠しやすく、シャワーは15〜30分後に入眠しやすいと言われています。

基本的に人体は、体温が下がる時に眠くなる性質があります。

お風呂は体の深部まで温めて少しづつ体温が下がるため、シャワーよりも入眠しやすくなるまでの時間が長くなるんですね。

そのため、少し後に寝たければ湯船、すぐ寝たければシャワーを使うようにしましょう。

 

②歯磨きをする

・・・口内の菌が増えると、睡眠の質が下がることがあります。

そうでなくても虫歯になっては過ごしづらいですよね。

歯磨きに加え、フロス、リステリンなどを利用して歯の健康を守りましょう!

 

明日は③〜④を詳しく紹介していきます!

 

では、また明日!

良い夢を。。

理央(Rio四つ葉のクローバー

 

 

簡単!睡眠時間を確保する方法。

こんにちは!スリープマニアの理央(Rio)です。

今日も安眠するための方法を発信していきます♪

 

突然ですが、皆さんは大体何時間寝ていますか?

人によって必要な睡眠時間は異なりますが、大体7〜8時間位が健康に過ごす上で理想的と言われていますよね。

 

おそらく、睡眠時間が取れない!とお悩みの方は、この睡眠時間を確保することが難しくなっていると思います。

 

仕事、勉強、育児、家事。。。と、やるべき事に一杯一杯にってしまう事ってありますよね。

 

睡眠時間を確保する方法ですが、私は手軽に続けられる睡眠改善方法として、次のステップをお勧めします。

 

STEP1:今の入眠時間から、10分だけ早く寝る事を意識して寝る。

STEP2:STEP1をできる限り毎日繰り返し、もうこれ以上早寝は難しい。。というところで、その時間を入眠の基準時間にする。

 

例:いつも入眠時間が深夜1時のAさん

→毎日10分ずつ入眠時間を早め、最終的に23時に入眠することが習慣に!

 

毎日深夜1時に寝る人って、実は24時にベッドに入っても、まだ時間があるな。。と思って結局深夜1時まで起きてしまいがちです。

毎日10分、5分でも良いので早く寝る!と意識していくことが大事です。

 

1日10分早寝→睡眠時間プラス5時間!/月

1日30分早寝→睡眠時間プラス15時間!!/月

 

こう考えると、小さな心掛けで睡眠時間がとっても増やせることがわかると思います。心掛けしていれば、たまに1日2日遅寝してしまっても気にしない♪

気楽に続けていきましょう!継続が力です!

 

では、また明日!

良い夢を。。

理央(Rio四つ葉のクローバー